「飯野ってどんな人?」 自己紹介、きっかけなど 

15.06.24iino明日の未来が見えてくる!

「未来創造アドバイザー」の飯野です。

私は未来をつくり、方向づけ、明日の一歩を踏み出すためのサポートをしています。

どうしてかといいますと、人間って未来や希望が見えてこないと、下へ下へと深く沈んでしまうものなんです。

私もかつてのサラリーマン時代、一生懸命に働いていたんですが、気づくと「2か月くらい休んでないな?」なんてことが何度もあったんです。

はじめの1,2回は頑張れるんですよね。

仕事がたくさんあるということは「評価されている」ということだし、必要とされ、頼りにされているようで「嬉しさ」もありますから、やっぱり……

そういう良いこともあるのですが、何度も何度も繰り返されるとさすがにしんどいです。

人間ですからもちろん疲れますし、疲れたら仕事のパフォーマンスも落ちます。

疲れてしんどいですから、プライベートもスカスカで寝るだけ。

「なんとかしなきゃ」とさばききれない仕事を効率化すると、手抜きのようで申し訳なくなってきます。

されど限界もありますから、いままで通りに手をかけることもできず……

現実的にお客様に失礼もあったと思いますし、協力業者にも心配りできなかったこともありました。

そんなことが続いていくうちに、気づくと地面ばかりを見つめているようになってしまったんです。

情けないことですが、自分の右手であごを持ち上げて、そうしてスイッチを入れるようにしてからでないとお客様に会えない始末。

歩いていても、車の運転をしていても、視線が自然に下がっちゃうんですよね。

もうどうしようもないです。

結局、だんだんつらくしんどくなって、引き留める周囲から逃げるように退職しました。

こうした経験から、わかったことがあるのです。

人は将来が見えず、悪い予想ばかりにとらわれているとダメになってしまうと……

「また休めない」

「負担は増える一方だ」

「しんどい状況は何年も変わりそうにないな」

そんな悪い予想ばかりだと、未来に希望を持てなくなります。

そのうち「今日の一歩を踏み出す」ことがつらくなる。

「起きたくない」

「行きたくない」

「電話したくない」

……

加えてそのストレスを食べることで誤魔化していましたから、40㎏も太ってしまいました。( 現在は35㎏やせましたが )

こうした状況から自分を立て直した経験をベースに、かつての自分のように、今日一日を歩き出すことがつらくしんどい人のためにサポートがしたいと思い、いまに至ります。

「Yahoo!知恵袋」でも専門家として無料で活動していますので、是非のぞいてみてください。

回答リクエストも歓迎していますよ!

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする