元に戻りそうなそのとき、どうするか?それが道を変えるのです

「何かを変えよう」とすることには、必ずそのままにしよう、そこにとどまろうという力が働くものです。

車のシートに座って、車が走り出す。

そうするとシートに押し付けられるようになります。

電車でもおなじことでしょう。

真っ直ぐな道や線路の先が、右に曲がっていたとします。

するとその右カーブに差し掛かると、進路とは異なった方向、いままでどおりの真っ直ぐに慣性が働いて、カラダは左に倒れようとします。

いままでどおりにしよう、抵抗しよう。

こうしたチカラは必ず働くものです。

それは物理的なものだけに限りません。

あなたや私の気持ちだって、おなじなのです。

いまより良い状況に変えよう。

そうすると抵抗が起こります。

休み時間に参考書や教科書を開こうとしたとしましょう。

「友達と話す時間がなくなるなぁ」

「ガリ勉だと思われたらいやだな」

「必至だと思われたらカッコ悪い」

勉強時間を増やせば、結果が良くなる可能性はあがります。

そしてそこには、上記のような抵抗が発生することでしょう。

それでもやるんだ!という意志が勝てば、勉強します。

「 」のようなことが勝つと、いままでどおりに戻されます。

いまより悪いことをしよう。

こうしたときも、抵抗が起こります。

「これが欲しいな、タダで手に入ったら……」

そうは思っても、普通は思い直してやめます。

親の顔が浮かんだり、子供の顔が浮かんだり……

怒られたくない、仕事をクビになっちゃう、まっとうな人間としてあり得ない、捕まったら新聞に載って恥ずかしい思いをする……

悪いことをするとき、社会的モラルに反するようなときには、こうした元に戻そうとするチカラは役立ちます。

おなじような元に戻そうとするチカラではありますが「何かを良い方向へ変えよう」とするときには、困ったことに強力なブレーキになってしまうことがあります。

こうした元に戻そうとするチカラがあることを知っていれば、対応や反応は変わってきます。

起こる事態を事前に予想して、準備や対応策を取ることができます。

遠心力が働くなら、その反対に傾ければ良いということを、私たちは知っています。

シートベルトをしたり、つり革や車体をしっかりつかむ、適切に座る、ということもその1つでしょう。

事前に用意していなくても、何だかわからないまま元に戻そうとするチカラに飲み込まれず、「これも予定通り、さてどうしようか?」と落ち着いて考えて行動できることでしょう。

悪く変わってきたら怒られたり、罰を受けます。

良く変わったときも足を引っ張る人がいたり、後ろ髪を引かれることがあったりするものなのです。

そのときにどうするか?ということで、その人の道は変わるのです。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする