あなたが見た目で判断するように、あなたも見た目で判断されている

そこで何があるのか?一瞬で理解することができるような独特なお線香の香りが、あたりに漂っています。

お坊さんが御経を読む低い声がおごそかに響き、しめやかに葬儀が行われている会場。

そこへ1人だけ他とは違う格好、パーカーにスウェット、スニーカーの人が来場してきました。

その人のことを、あなたはどう思いますか?

あなたがはじめての土地を訪れました。

目的地の近くだと思うのですが、正確な場所がいまひとつわかりません。

「誰かに聞かなきゃダメかな?」と思ったとき、ちょうどあの角から曲がってくる人が目に飛び込んできました。

「やった、ラッキー!!」と思ったのですが、だんだんと近づいてくるその人は、なんだか普通の人に見えません。

入れ墨が見えて肩を怒らせ歩く様は、まるで映画かゲームの世界のヤ○ザが目の前に現れたようです。

その人に道を、あなたは尋ねてみますか?

どちらも困った話ですね。

お葬式の場面では、その場に合ったTPOというものがあります。

いくらなんでも、常識から逸脱しすぎていますよね。

どんなに香典が入っていようとも、「この人はチョット……」という気持ちになってしまいます。

それを見ているほかの人たちも「この参列者は……」と思いますし、下手をすれば故人の「人付き合い」や「人となり」まで、よからぬ想像を掻き立てられることでしょう。

道を尋ねたいというお話も、困ったものです。

ただでさえ困っているところへ、あまりかかわりたくない人がやって来てしまいました。

話しかけてトラブルになっても嫌だし、このまま迷子でも困るし、ほかの人がすぐに通りかかるかもわからず、短い時間でいろいろな思いが忙しく回りそうです(笑)

さて、どうしてこんなたとえ話をしてみたのでしょうか?

それは、『私たちは見た目で判断している』ということを証明してみたのです。

私たちはさまざまな人と、かかわります。

街角、仕事先、知り合い、知り合いの知り合い、隣人、隣の席の人……

そうした人たちのことを、私たちはどう判断するのでしょうか?

向き合って、腹を割って話し込むこと、1時間。

結果、あなたはとても良い人ですからヨロシク!

残念だが、あなたは悪いヤツですのでご遠慮させてください。

……こんなことはしませんよね、絶対に。

中身がどんなにいい人でも、親しくなったら趣味の合う人でも、知れば知るほど気の合う人でも、はじめて見た姿が冒頭の2つのたとえのようにズレていたらどうでしょうか?

近づきたくないと思うし、「自分はあなたに、かかわりません」という判断をするはずです。

喉が渇いたとき、液体を一口飲んで味を調べてから「これが飲みたかったんだ!」という人はいません。

自動販売機やスーパーに並ぶ、ビールに炭酸、お茶にコーヒー、ジュースに水……

中身を味見することなく、そのラベルを見ることで判断しています。

冒頭のたとえの通り、相手を見た目で判断するということは同時に、「逆もまた真実」ということです。

『あなたも見た目で判断されているのです』

「私は大丈夫」「常識もあるし、普通のセンスもある」だから関係ない、と思われることも多いでしょう。

けれども落ち込んだり、思い悩んだりしたときは視野も狭くなり、悩みや考え事に集中して、ほかのことがおろそかになりがちです。

わずかな手間が抜けてしまうことも、ありますよね。

つい無精ひげで出掛ける。

ほつれた髪のままだった。

鼻毛が1本だけでていた。

こうしたことを誰かに指摘されるとか、あとで気づいたときの恥ずかしさや気まずさったらもう、何とも言えませんよね。

そのためには日頃から、「出掛ける前に鏡でパッとチェックする」という習慣を持つといいのではないかと思います。

困っているときに、さらに困らないように自分を守る。

こうした対策的な習慣を持つことも、大事なことだと思います。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする