嫌いな相手にコントロールされないために 自分が主役の人生を!

Q.AかBを、絶対に!選んでください。

A ビルの10階から飛び降りたら、10億もらえる。

ただし命の保障はない。

B そしてビルの10階から飛び降りない場合は、10億の借金を背負うことになる。

……

こういうのはおそらく、誰でもおなじだと思いますが、どちらも選びたくないものですよね。

究極の選択というヤツでしょうか?

では、前回の続きをはじめましょう。

嫌いな相手とは、たいていの場合において相手が主役のようで、そこから思考がスタートしてしまいます。

アイツの近くへ行きたくない。

→ けど用事があるから行かなければならない

彼の指示は嫌だ。

→ だけどやらないと自分の立場や信用が……

課長のためになるなんてイヤだ!

→ ……とはいえ仕事だし、辞める訳にもいかないからなぁ

こんな感じですね。

「いまこのとき、相手が嫌いだ」ということが、とにかく大きくクローズアップされてしまっています。

「相手が嫌だけど、関わらない訳にもいかない」という、どちらも選びたくないような葛藤状態です。

こうした状態のままで選択することは、どちらも感情的に嫌な選択ですから、決まらないし決めてもスッキリしません。

「Aだ、でも……、じゃあB、そうするとうーん、やっぱりA?できればBのような……」

こんなふうにズルズルと後に延ばして、ずっと引っ張るような状態って、居心地が悪く気になってしょうがないし、思い出すたび憂鬱で嫌ですよね。

こうした問いに、AかBかで決めることは難しいです。

だって嫌なことから、嫌だけどどちらが嫌ではないか?という選択ですからね。

そこには良い未来、喜び、楽しさ……という「あかるい何か」は存在しないように思えます。

そんなことを積極的に選ぶことができるものでしょうか?

だからこそ、変えたいのです。

相手から考えるのではなく、“自分を中心に考える”というように変えたいのです。

嫌なこと同士を比べても、答えにくいということですから、まったく別の考え方を持ってくるよりありません。

そうしてまた、嫌な相手が関わっていることなのに、あたかも嫌な相手を中心に考えるということは、どこか馬鹿にされたようで、不愉快なことではないでしょうか?

この2つを同時に解決するために、「自分の人生は自分が主役であり、それを取り戻そう!」ということなのです。

どちらが嫌ではないか?という選択は、冒頭で挙げたような究極の選択とおなじです。

ここに発想の転換を持ってきて、「将来の自分のためにはどうなったらいいのか?」「自分の未来、将来のために何がベストか?」としてみるのです。

あなたの人生とは、嫌な相手をやり過ごすための人生ではありません。

あくまでも自分のために、自分とまわりの仲間のために、より良く過ごしたいと思いませんか?

だとすればやはり、自分を主役にして考えてみたいのです。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする