これまでと「小さく変える」ことで、可能性の種を蒔いていこう

大きく変えることには、たくさんのことが必要になります。

近所の公園ならば、わずかな時間で到着できます。

遠くの大きな公園ならば、車や電車で時間を掛けて往復しなければならないでしょう。

近所の公園ならば、ルームウェアや簡単な格好で出かけることもできます。

遠くの大きな公園ならば、電車に乗るかもしれないし、誰に会うかもわからないので、それなりの服装や髪型に整える必要があります。

近所の公園ならば、お昼には帰宅すればいいし、往復の費用も掛かりません。

遠くの大きな公園ならば、電車代やバス代に燃料費、お昼もコンビニか外食か?出費がありそうです。

遠くの大きな公園に行くには、予定も、時間も、準備も、費用も、必要になってきます。

ふと思いつきで出かけるには、壁が高いですよね。

前回の記事を読まれた方の中には、いろいろ思われる方もいるんじゃないかと思うんですね。

変えてみる……

調味料の味付けのように簡単に言われても、何をしたらいいの?

相手に合わせてご機嫌を取れってこと?

具体的にはどうするんだ?

……

……ということで、少し説明をしてみましょう。

  • 小さな変化が大事ということ、大きな変化はよく考えてから……

まず「変える」といっても、負担になるほど大きく何かを変える必要はないのです

変化といっても、その違いは様々です。

「どうせテストを受けても、良い点が取れない……」と思ったからといって、「テストなんてもう、受けない!!」なんて選択をしたら、とても重大な決断で「大きな変化」です。

そんなことをしたら、単位を落とす、進級できない、退学になる、出世が望めなくなるといった、自分やまわりへの影響がとても大きくて、とりまく環境やあなたの今後を左右する結果を招いてしまいます。

このようなことは時間をかけてじっくり考えて出した結論ならともかく、「とりあえず試してみよう」という変化では、まったくありません。

とても意味を持つ決断、選択になってしまいます。

「とりあえず試してみる変化」とは、いままでしていないこと、でいいのです。

参考書をカバンに入れて持ち歩く

トイレに参考書を置いてみる

( どこで読む、何ページ読むなどは決めずに )

得意な人、合格した人の話を聞いてみる

おなじテストを受ける誰かを誘う、約束してみる

こうしたことで十分です。

持ち歩いていたら、参考書を開いてみることもあるでしょう。

トイレで座って眺めることもありそうです。

待ち時間や暇を持て余してしまうような隙間時間を利用して、読む可能性もありますよね。

体験談なんてよくありますけれど、おなじように参考になる話やヒントが聞けるかもしれません。

家ではなかなかできない人でも約束していたり、誰かと一緒なら勉強せずにはいられませんよね、テスト勉強のために相手と会っていますからね。

はじめからプレッシャーをかけて、ガチガチに決めて、「帰宅したら2時間勉強しなければならない」としてしまうと、ものすごくハードルが高くなってしまいます。

2時間も確保するにはどうしたらいいのか?

寝不足にならないかなぁ

何日も継続して達成できるのか不安

ただでさえテストに対して「またダメかも……」と不安を抱えています。

そこへ心配事や不安を追加していくことでよりいっそう、自分が動きにくい状態を自分自身でつくってしまっています。

「とりあえず試してみる変化」とは、きっかけになりそうな“種まき”をするということです。

・トイレに待ち合わせに通勤時間……「塵も積もれば山となる」です。

たとえば10分ずつ4回時間を確保したら、10分×4回ですから、もう40分の勉強です。

・要点や考え方のヒントがつかめたら、学習の効率はグンと大きく向上するでしょう。

・家以外の環境ならば勉強がはかどることがわかったならば、出社前や帰宅前を利用する、勉強会を主催するなど、工夫ができます。

とりあえず試す程度の小さな事ならば、あまり不安や心配を増やすようなことはないはずです。

参考書を1冊持ち歩くこと、トイレに置くことで、ものすごく心配になる、不安になるような人はいませんよね。

遠くの公園に出かけるようにハードルの高いことを思いつきでやってみることに比べたら、ふらりと近所の公園に出かけるほうが実行に移しやすいはずです。

「いまのままでは上手くいかなそうだ」という予想があるならば、これまでとは変えていくしかありません。

そのためには「とりあえず試す」くらいのことの方が、誰にとっても取り掛かり易く、はじめ易いことなのです。

「ただでさえネガティブになっているところへ、さらに心配事、悩みが増えそうと思われることに、すぐに取り掛かれる人なんていない」と飯野は思うのです。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする