話すことの効果 外へ出してみる

もうはるか昔の小学校の頃のことなんです。

小学生って、休み時間にいろいろなことをして遊びます。

でも飽きるのも早いですから、だいたい2ヶ月くらいで次の遊び、また2ヶ月で次の遊び……と移り変わっていきます。

そのときは自分たちのグループでは、将棋が流行っていました。

……と書きながら思いましたが、もしかしたらクラブ活動のときのことだったかもしれません。

いま思うと休み時間だけだと、1局終わらない気もしますからクラブ活動だったかな?

あるいはマグネット盤だったら簡単にサッとしまって、次の休み時間に続きからできるでしょうから、やはり休み時間かもしれません。

とにかくまぁ、将棋をしていたんですが、その中にとっても強いやつがいたんです。

これが何回やっても勝てない、見事に負ける。

1度も勝てません。

そんな相手だったんですが、あるとき遂に追い込んだんです。

100%勝てる!!

そのよろこびに、舞い上がってしまったんでしょうね。

相手の時間稼ぎの王手を、無視して次の手を打ってしまいました。

( 将棋は敵の大将である王を取ったら勝利です )

当然自分の王は取られて、負けで終わりです。

トホホ……

こんな情けないミスとは滅多に起こらないことです。

起こらないことですが、たまに起こってしまうんですね。

こんなふうに興奮してしまったときも喜び過ぎてほかのことが見えなくなってしまいます。

ミスをしたときも、1つのミスでショックをうけて動揺し、次から次へとミスが起こる。

こういうのは誰でも経験のあることでしょう。

仕事でも、ゲームでも、スポーツでもよくみられることです。

……

ちょっと誰かに話しをする雰囲気で、書いてみました。

読んでみると、間違いや訂正がたくさんあって、違和感のある文章だったと思います。

でも、私たちはたいてい、こんなふうに言い間違えて直したり、記憶違いを訂正したりしながら話すものではないでしょうか?

書くときとは文章を何度も訂正したりしてから、アップしたり、提出したりしますけれども、日常の会話とは下書きを見ながら話すようなものではありません。

話しながら、話しているうちに、気づくことがあったり、より主張を強く確信したり、ときには自分で矛盾を感じたりするものです。

これって自分の中にある「話していることの内容」が、誰かに聞かせようと話すことで「変化することがある」ということですよね。

自分ではこうだと思っていたけれど、話しているうちに不自然な気がして考えなおした。

話しているうちに、相手の立場について共感してしまい「怒られて嫌な話」が「怒られて嫌な思いをしたが、相手の立場からすると仕方がない、でも嫌だった」と変わった。

「Aが最高だよ」と言いながら、「Bもアリだけどね」と付け足した。

こんな経験はありませんか?

つまり、自分の中にあるものを外に出そうとすることで、1つの変化が起こる可能性があるのです。

まちがってないかな?正確かな?よりピッタリした表現があるかも?

こうした働きが、自分の思っていることを外に出すということにはあるのです。

日常のささいなことだけではなく、つらいこと、悩み、これから先の目指すところ、したいこと……

このようなことを話すときも、自分の中で変化が起きることも、十分にあることでしょう。

そうしたとき、信頼できる誰かに話してみるということは、とても大きな意味を持つことだと思います。

相談するなど、外に出してみてください。

そうすることで変わることも、きっとあると思います。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする