ときには気遣い、優しさを自分に向けて……

突然ですが、何も考えない、無になる、そういうことって、皆さんはできますか?

電車や休憩時間など、チョットした間にスマホを取り出して時間を潰そうとするとき、2,

3分待ってみるとどんなことが起きるでしょうか?

田舎の駅

えっ、眠ってしまう?

まぁ、疲れていたら寝てしまいますよね。

それは休息が必要ということでしょう、きっと。

ボーっと空を見上げていても、いつの間にか何かを考えていたりします。

あるいは逆に集中して仕事や勉強をしていても、ふとしたときに考え事をしていることに気づいたりします。

彼( 彼女 )のことが浮かんで……ということだったら恋に落ちているのかもしれませんね。

憎たらしい姑が浮かぶなら、何かトラブルがありますね。

仕事のトラブルが浮かぶなら、心配で胃に穴が開きそうかもしれません(笑)

……

正直に申しまして、飯野はできませんね。

何も考えないようにしようとしても、思い浮かんできてしまうものです。

あれはどうなったかな?

今度の○○日の準備は?

おなか減ったな……

疲れたな……

眠いような……

これってたいていの人はおなじですよね。

悟りを開いているので……修行しているので……という人は違うのかもしれませんが、基本的にいないと思います。

目を閉じてしばらくの間、何も考えずにいる……

ただこれだけのことですが、意外と難しいものです。

たいていの場合、こうして意識的に「何も考えない」という空白をつくってみると、そのときに気になっているものが浮かんでくるものなのです。

あえてそうすることで、浮かんでくることや、それに対する自分の気持ちに向き合ってみると、どんなことが起こるのでしょうか?

ただ通り過ぎるだけの、浮かんでくることもあるでしょう。

浮かんできたものに対して、向き合いたくない気持ちになることもあるでしょう。

先送り、後回しにしていたことも、思い出して浮かんできそうです。

ときには、懐かしい思い出がやってくるかもしれません。

忙しく、時間の確保が大変な状況でも、あえてコーヒーを入れて、カップの中のコーヒーをただじっと見つめてみる。

シャワーを浴びながら、体を洗う手を休めて、ザーッという音の中で、髪に、肌にあたる感覚の中にとどまってみる。

あえて、いつもの半分くらいのスピードで、ゆっくり歩いてみる。

こうして自分自身のことを省みる時間をつくることで、日常のいそがしさの中に埋もれがちな大事なことに気づくことができるのではないかと思います。

気になることとは自然に浮かんでしまうものです。

けれども忙しかったり、インターネットやテレビなどから刺激を受けることで、後回しになってしまうこともあるのではないでしょうか。

空白の時間をつくることで、自分のいまに気づいていくことも、必要なことだと思います。

いそがしい日々では、しなきゃいけないこと、誰かのためにすべきこと、仕事だから、親だから、子だから我慢しなければならないこと……

誰かのため、何かのためになってしまうことが多いものです。

その気遣いを、自分のために向ける時間も必要です。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする