いまの自分を知るための手がかりをつかみ、解決に役立てよう!

いまの自分の状況を知るために

自分の“クセ”を知る

「課長、なにかいいことがあったのかな?」

「Aさん、また失恋かな……」

私たちは直接話したりしなくても、相手のことを「なんとなくこんな感じかな?」と見た目や聞こえてくる音、雰囲気などで感じるものです。

あの人は「ポーカーフェイス」というような人でも、映画にでてくる某機関のエージェント(笑)のような人でもなければ、表情や仕草などの“クセ”から感じ取れるものです。

あなたのまわりの人たちって、どんなクセを持っていますか?

ちょっと思い出してみてください。

・慌てていたり、テンパってしまうと、やたら早口になる人

・家庭でトラブルがあると、翌朝の職場で八つ当たりする人

・驚くとまぶたをパチパチさせる人

・上手くいかなくなるほど、人の話を聞かなくなる人

・集中力を失くすと、人に話しかけたりして巻き込もうとする人

……

こうしたサインを受け取ることで、私たちは相手の状況、気持ち、考えていることをイメージして、判断しています。

「今日は機嫌良さそうだね?」「どうしたの、大丈夫?」というような問いかけとは、話しかける前に、<こうではないかな?>という予想があるからですよね。

私たちが相手のことを、こうした“クセ”から判断しているならば、おなじように自分のクセを知ることで、いまの状況を知ることもできるのではないでしょうか?

たとえば「疲れてくると無口になる」というクセを、自覚しているとしましょうか。

それに気づいたとき、どんな対応を取ることができるのでしょうか?

・仲間に意識的に話しかけ、気分転換をしてみる

・仲間に意識的に話しかけ、まわりの雰囲気が悪くならないように調節する

・甘いものを食べたり、コーヒーブレイクを取ることで、疲れを取り集中を取り戻す

・疲れからのミスを防ぐために、2重にチェックする、声出し確認をしてみる

……

こんなふうに対応策を取ることも可能です。

よくあるクセとしては、どんなものがあるでしょうか?

困った

写真のように、こんなにわかり易かったら誰でもすぐわかりますね(笑)

冗談はさておいて……

ボーっとすることが最近多いならば、心配事があるのかもしれません。

頬杖をついているときも、考え事かもしれませんね。

口や鼻に手を当てて、真剣に考えている。

こめかみを押さえて、深刻な考え事?頭痛?

指や首をポキポキ鳴らして、気分転換。

枝毛を探し始めて、飽きている、集中力がなくなった。

爪を噛んで、不安。

足音を消して、やましいことがある?気づかれたくない?

焦ってイライラしているので、早口。

焦ってイライラしているので、普段は気にならないことが癇(かん)に障る

テスト前や締め切り前になると、掃除をはじめる。

プレッシャーがかかると、電話したり、遊びに出かけてしまう。

適当に挙げてみましたがいかがでしょうか?

また、こうしたことは人に指摘されやすいことでもあります。

あなたも誰かに指摘したり、「ボスがまた机をコツコツ叩いているから、その話はあとでしたほうがいいかも」なんて仲間に教えてあげたりしたこと、ありませんか?

誰かに「こんなクセがあるよね」なんて言われたら、そのときの状況や気持ちなど、ちょっと振り返ってみましょう。

そうすることで、自分で自分のことに気づく「きっかけ」になります。

このように知らず知らずのうちに、誰もがカラダで自分の情報を発信していることがあるのです。

ならばそれを利用して、自分のいまの状況、環境に気づくことができます。

それを役立てることで、「何を対策したら良いのか?」という、状況の解決に向けた視点を持つことができるでしょう。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする