転ばぬ先の杖?助けは思わぬところにある

この前は、こんなお話をしました。

「あなたってどんな人ですか?」という問いかけにはじまって、所属が多いほうが躓いたり、転んだときのためにもいいですよ、バランスをとりましょう、というお話でした。

ところでみなさんは、このような経験が過去にありませんか?

・漫画で覚えた知識が、試験で役に立った

・読書が趣味だったので、漢字の読み書きは得意だった

・洋楽が好きで、英語に興味が持つようになり得意になった

・仕方なく寄り道をしたら、使える抜け道( 知らない路線 )を発見した

・家族の困りごとや不満が新しい仕事のアイデアにつながった

・仕事のスキルが家庭や趣味で役立った

( パソコンの使い方、ロープの結び方、専門知識や法律、書類の書き方など )

・趣味の写真や手芸など創作物が収入になり、懐を温めた

思いつくままに挙げてみましたけれど、全然関係のない分野のことが「思わぬところで役に立つ」ということは、見回してみると良くあることですよね。

私たちはピンチになって焦ったり、プレッシャーを感じると1つのカテゴリー( 仕事、家庭、学校など )の出来事( 失敗、トラブル、言い争い、不足する時間やお金など )に集中してしまいます。

ハマりこむ、泥沼、アタマがそのことでいっぱいになる、視野が狭くなる、抜け出せなくなる……

こうした危機的な状況のときに、バランスがとれていて自分の役割が多ければ多いほど、危機からの回復や気分転換等のために、頼れる、利用できる環境があるならば、それはとても役立つことでしょう。

寄りかかれる誰か、忘れるように集中して没頭できること、優しい暖かさ、これだけは自信が持てるという何か……このようなことはピンチの人にとって、どれだけ心強いことでしょうか。

希望の光

ただ、こうした環境を手に入れるためには当然、時間や労力もかかります。

お店で買えるものでもないでしょうし、トランプの手札のように配られるものでもありません。

何らかの行動が必要になります。

新しい趣味には、教えてくれる人や本などが必要なことでしょう。

もちろん道具などの初期費用もありますよね。

友人関係にしても一瞬でつくれるようなものでもないでしょうし、新しい出会いの緊張、覚えて上達するまでの戸惑い、自分に合うか合わないか、好き嫌いなど……

新しいことには、いろいろな抵抗があるかもしれませんね。

おそらくほとんどの人が、「言われてみると、そうかもしれないなぁ」と思っても「どうせ危機的状況の保険なら、いますぐやらなくてもいいかな?」と思った経験を持ち合わせているのではないでしょうか。

たいていの物事とは、そうして先送りされるものです。

もちろん飯野にも、恥ずかしながら思い当たることはちょっと、いえ、たくさんあります(笑)

でも、そんなに難しく考える必要はありません。

わざわざ延期して後回しにするようなものでもありません。

あなたが日常の中で折に触れて感じる、ちょっとしたことに従うだけでいいのです。

・面白そうだな

・できそうだな

・ちょっと興味あるんだよな、

・前から気になっているんだよな

・○○しようとして、そのままになっちゃってるな……

ただ、あなたの「好奇心」や「気がかりなこと」に従う。

いつもと違う新しいことを取り入れてみる。

少し御無沙汰している友達に連絡を入れてみる

久しぶりに趣味を楽しむ

たまには汗を流してみる

家庭がおろそかになっていたように思えるなら、旅行や里帰り、外食やドライブなど計画してみる……

こうしてちょっとだけでも行動してみる。

そうすることが、日常のバランスとることにつながっていきます。

いままでしていないことを、ちょっと「してみる」だけで、変化は怒っているということなのです。

そうしてひとつずつ変えていくあなたの環境が、危機的状況のとき、ココロを支えてくれるサポートとなることでしょう。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする