心の危機を防ぐ処方箋……一つに偏り過ぎず、バランスをとろう

あなたってどんな人ですか?

……

突然こんなことを言われたら、困ってしまうでしょうか?

まぁ、こんなことは面接でもなければ聞かれませんよね。

人によっては心理テスト、自己PRテスト、自己啓発などでお題として出され、挑戦された方もいることでしょう。

「私は」ではじまる文章を、○個書いてください。

こんなのですね、これだけです。

正直なところ、何回かやったりして経験があって、慣れていれば簡単です。

何度か考えれば、どんどん書けることでしょう。

でも、慣れていないとすると、チョット難しいかもしれませんね。

・何を書いたらいいんだろう

・こんなこと書いたら変に思われるかも?

・わざわざ書くほどの特徴じゃないような気が……

人それぞれに性格もあって、迷いや葛藤がありそうです。

普段は考えることのない「自分について」考えるきっかけでもあります。

私たちは噂話や他人の評価など、誰かのことについては頻繁に考えたり、感じたり、話し合ったりしています。

けれど自分のことについては、あまりしませんよね。

こうしたことをやってみると、たいていよく挙げられるものがあります。

それは職業や所属ですね。

・私は○○に勤めています

・主婦です

・○○学生です

あるいは、こんなのです。

○○部です

○○活動をしています

父親です

こういうのは日常関わっているものですから、自然と意識に上がってきやすいものです。

たいていの人は、何かに所属しています。

家族、会社、地域、趣味や運動のグループ、出身などですね。

いくつ位、あなたは所属していますか?

・最近は忙しいから、ほとんど会社だけ……

・子供と旦那の世話で精一杯……

そんな人はいませんか?

このような所属、グループとのかかわりの数が少ない人は、少し注意が必要かもしれません。

何だか脅しのようですね(笑)

でも、本当に注意が必要なのです。

どういうことかというと、会社だけ、家庭だけが中心になってしまうと、興味や関心、時間、生活スタイルなど、ほとんどのことが「特定の所属」中心になってしまいます。

生活の中心である「特定の所属」が上手くいっている間は、とっても幸せだと思います。

そこに関わる時間も長いですから、当然ですよね、上手くいっていること、順調なことに携わっている時間が長ければ、それだけ幸福度も高いはずです。

では、「特定の所属」が何かの都合で、躓いてしまったときはどうなるのでしょうか?

生活スタイルの中心で、関わる時間も長いことです。

急に上手くいかなくなったからといって、そこから簡単に離れるとか、気軽に休むとか、時間を短くする、誰かに変わってもらう……こうしたことって、難しいのではないでしょうか?

生活の中で、その中心が絞られれば絞られるほど、そのことは本人にとって大事( おおごと )になります。

1つに集中するということは、ある種の「危うさ」を孕んでいるとも言えるのです。

人生をかけた仕事で躓いたら、「もう終わりだ」と思ってしまうかもしれません。

信頼していたパートナーの裏切りに直面したとき、相談する友人、気晴らしになる趣味やサークルという逃げ場がなかったとしたら、どんな状態になってしまうのでしょうか?

たくさんの所属があるならば、ひとつ躓いても「カテゴリーのひとつ」にすぎません。

自分の全てを責めたりしなくてもすむでしょう。

たとえば、仕事人としてひとつ失敗したとしても……

父親としての私

長男としての私

友人としての私

先輩としての私

ゴルフを楽しむ私

ランナーとしての私

……

バランス

人間とは「かけた時間が長ければ長いほど、こだわってしまうもの」です。

全力で突き進んでいた大事なことが失敗してしまったら、自分の全てがダメだと思いやすいのです。

もしものときのために自分を振り返りバランスをチェックするということは、危機を防ぐために、とても役に立つことなのです

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする