ネガティブになってしまったときのために……自分を励ますサポーターを用意しよう

あなたは朝の目覚め、スッキリですか?

それとも時間がかかるタイプですか?

いろんな目覚めがありますよね。

やる気に満ちた朝、ボーっとしている朝、昨日のお酒や疲れが残る朝、昨日の告白や仕事の成功で笑顔になってしまうような朝……

人それぞれだと思うのですが、残念なことに新しい朝の目覚めのときから、「失敗や落ち込みを引きずる朝」というのも、本当に残念なことですが生きていれば確実にありますよね。

新しい朝、新しい一日ですから、「スッキリとまっさらな一日がはじまったらいいのに……」とは思うものの、人間とはホントに不器用なものです。

前回は……

「必要な反省」なのか?

「どんどんネガティブを引き寄せ、落ち込み続けるループに入っている」のか?

この2つは全く違うもの、その見極めが大事だよ、というお話でした。

次のために必要な反省であるならば、つらくしんどいことでもありますけれど、その経験を活かして自分を成長させるためのものでもありますから、対策や行動を考えるモチベーションとしてのショックや落ち込みも必要です

けれどもただショック状態を引きずるだけでは、さらに失敗やイライラというネガティブを引き寄せてしまいます。

その結果、まわりの人が近寄りたくない雰囲気や言動になって、まわりの人が遠ざかります。

これでは完全な悪循環になってしまいます。

目覚めたとき、反省ではなく引きずっているだけだとするならば、そこには工夫や対策という、自分を引き上げるためのちょっとした努力が必要でしょう。

あなたの好きなモノ、好きなことって、どんなことですか?

誰でもそれなりに年数を重ねて生きてくると、好きなこと、楽しいこと、趣味など……

自分のことが多かれ少なかれ、分かってくるものですよね。

本当に好きなものに触れるときとは、知らずに笑顔になっていたり、体がいつの間にか動き出したり、あたたかい気持ちになったり……抑えきれない反応がしぐさや表情に出たりするものです。

こうした「思わず反応してしまう」好きなモノとは、ピンチの選手やチームを救う応援とおなじように、「自分を励ましてくれるサポーター」そのものです。

そうしたものを意識して用意しましょう、ということなのです。

どんなものがいいのか?は自分自身と相談してみてくださいね。

たとえば……

・山の頂上から落ちるように滑るスキーヤーやスノーボーダーの動画

・ホッとする絵本やアート

・ドリブルで抜き去るシーンや好きな選手のプレー集

・ホームランシーンや三振、ファインプレー集

・ノリノリのロック、励まされる歌詞の歌

・絶景の写真、遺跡や夜景

・ダンスやジョギングなどの運動

・朝風呂や掃除、靴や食器磨きなど

ざっと思いつくままに挙げてみましたけれど、他にもたくさんあることでしょう。

絵本

気分転換になるもの、心が躍るものとは人それぞれです。

落ち込んでいたりするときは、なかなかそれさえも思い出すことができなかったりします。

失敗や嫌な気持ちに集中し、囚われてしまいがちです

ですからあえて元気なときに、意識的に、整理して、準備や用意をしておくことが大事なのです。

悪いループから抜け出すためのサポーターとして、準備して活用する。

そうするとまわりから見た、あなたの顔や仕草、雰囲気、言葉も、きっと変わってくるはずですよ!

そうそう、現代とは驚くほど便利な時代です。

スマホやモバイル、車のオーディオなど、いくらでも持ち歩く方法もあります。

動画や音楽、画像ならばいつでも活用できますね。

手ごろな長さ、時間に編集してあるものもあるでしょうから。

元気なときや普段の日常で楽しんでいること、こうしたものを「落ち込んで楽しいことに意識が向かないとき」に、サポーターとして活用しましょう。

こんなお話でした。

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする