私たちは「ちょっとしたトラブル」の経験は豊富なプロということ

先日スーパーで買い物したときのことです。

買い物それ自体は簡単で、すぐに品物も決まってしまいました。

近頃のスーパーでは、みなさんも見たことがあるのかな、と思いますけれども、店員さんがいるレジがいくつかあり、自分でバーコードを通すセルフレジも設置されていました。

店員さんのいるレジは、お客さんがチラホラ並んでいて、セルフレジの方は誰も並んでいませんでした。

「これはセルフの方が早いに違いない」と確信して、セルフレジに向かったのです。

セルフレジで買い物をしようとするとはじめに、「袋を購入しますか?」という画面になります。

そこで「袋を購入」をタッチすると、店員さんが袋を持ってきてくれるのですね。

そこで袋を購入し、店員さんが持ってきてくれるのを待ちます。

持ってきてくれた袋をセットして用意し、商品のバーコードを通していきます。

そのときはお昼ご飯も購入したので、今度は自分で歩いて店員さんのところへ行って、割り箸を一善もらいました。

なんだかんだとレジ袋を持ってきてもらったり、自分でバーコードを通したり、袋にいれたり、最後に箸をもらいに行くと、あんまり早くないんですね。

ちょっと手間取ったり、店員さんがほかの人の対応をしていたりすると、はじめから店員さんに精算してもらうレジのほうが早かった、なんて思うこともしばしばです。

でもまぁ、たかだかスーパーでのちょっとした買い物のことです。

・自分の判断が悪かったから……

・ハズレちゃったよ

「自分の判断が思惑と違った」「期待と違った」なんて思い、いささかムッとしながらも、すぐに切り替えてしまいます。

こういうことって、スーパーに限らずとも、コンビニとか、駐車場、電車の空きそうな座席の予想など、よくあることですよね。

でも、ささいでよくあることですからまぁ、そのときはちょっと思うことがあっても、すぐに切り替えていくものだと思います。

こうした「よくあるささいなこと」って対処になれていますよね。

・自分の判断が間違っていた

・相手のせい

・タイミングが悪かった

・たまには、そういうこともあるさ

……

いまの状況をあっさりと受け止めて、自分の責任、タイミングの問題、相手のせい、仕方のないこと……などの結論を出して、気を取り直して次のことへ進んでいく。

ささいなことそのものに慣れている。

そうしたことから、ちょっと気分を害されることにも慣れている。

そこから気持ちを切り替えて、次のことへ進む切り替えにも慣れている。

つまり、「経験が豊富で慣れていることだ」このように言えるのではないかと思うのです。

ということは、「よくあるささいなこと」のように慣れているならば、大きなトラブルや、深刻な問題も、どんどん解決できるのかもしれませんね。

あなたはあなたの家庭、職場、友人など、遭遇する問題の解決に慣れていますか?

このお話はあなたのためになりましたか?
参考になったら、うれしいです!

~ ~ 新サービスはじめました! ~ ~
話すことが苦手、誤解されやすい、そんな人向けの「メールカウンセリング」をはじめます。

詳しくはコチラからどうぞ
http://good-human-relations.net/mailcounseling/

いま、これからを変えるためにできることはたくさんあります。
新しいことを試してみたり、上手くいっていることをたくさんやってみたり、振り返ってみたり、基本に立ち返ってみたり……

何かに気づいたり、ストーリーを整理してみたり、誰かの視点を取り入れてみたり……

……

何かにトライすることで、変えたい。
これからをより良くしていきたい。

飯野がお届けするサービスとは、こうしたことのサポートです。
未来へ続く、あなたの明日の一歩のために……

右側固定ページ「お申し込み」からどうぞ!
そうして動き出すことが、変化の一歩目なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする